スクリプト:未来をキーワード予測する

スクリプト:未来をキーワード予測する

本日配信の最新エピソードは「人工知能のように未来を予測する」をテーマに、2022年を予測しています。

予測の方法ですが、次のようになっています。

2020年から2040年までの基本予測をもとに、2016年から2020年までを分析しました。そして、2021年を振り返り、2022年がどういう年になるか予測していきます。

2021年がかなり厳しかった方、メンタル鍛えられた方、事業転換や俊敏な行動を続けてこられた方にとって、2022年は実りのある年になると思います!

ポッドキャスト

スクリプト

金星薔薇十字団がお送りするラジオ番組、略して金星ラジオ。AD兼ナレーター、アルクトゥルスの分析官です。

今日は、過去を振り返り、未来を予測していきたいと思います。このVUCAな時代、来年どうなるか氣になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ただし、ぜったいに鵜呑みにせず、ご自身の感覚と理性で精査してください!

もうあと1週間ほどで2021年が終わります。すでに身辺整理はお済みでしょうか?

身辺整理などというと、ただ事ではない気もしますが、それくらいただ事ではない時代を生きていると思います。分析官も、今年は本当に大峠の先取りがピークを迎えた感がありました。

みなさんの2021年はいかがでしたでしょうか?

今年を全体的に捉えると、それは断捨離でした。最適化でした。みなさんも、そんな経験あったのではないでしょうか。

それはそうと、今日は過去6年を振り返り、そして来年の予測を扱っていきたいと思います。それでは、テーマを発表します。

キーワードでホログラム展開する、今年と来年(エコー)

はい、キーワードで振り返りと予測をしていきたいと思います。

ここでいうキーワードとは、いわゆる抱負のようなモノです。みなさんも、年末もしくは年始に目標をヒトコトで表現したりするのではないでしょうか。

分析官も、2016年からずっとやってきています。2016年から2020年までは次のようなキーワードを設定してきました。

  • 2016 - Holistic(全体的)
  • 2017 - Innovative(革新的)
  • 2018 - Collective(集団的)
  • 2019 - Creative(創造的)
  • 2020 - Effortless(努力いらず)

2016年のことはもう覚えていないかもしれませんが、分析官は「全体的に生きよう」と決めた年でした。大型のコンサル案件をやったり、九州から岐阜まで放浪したり、台湾に引っ越したりしました。そこで、地球市民として意識的に生きるスイッチが入りました。

2017年は「革新的に生きる」と決めて、台湾から東南アジアに移動していきました。そこで、いわゆる支配構造の外に出てみて、それがどのようなものなのかを体験しました。

この年に、2020年に文化革新が起き、2030年までに環境改善と適合が起き、2040年くらいに新文明が始まるというインスピレーションを得ました。

2018年は「集団」を意識して生きました。企業にコンサル行ったり、起業家を支援したり、スピリチュアルなビジネスをアシストする機会がありました。AIやRPA関連ビジネスを立ち上げたり、機械学習プログラムを自分で組んでみたりして体験したのがこの年です。

2019年は「創造的に生きる」と決め、リモートワークを実現し、東南アジアから日本の企業をサポートする仕事を実現しました。

2015年にバリ島に住んでいたときは、海外リモートで日本の仕事を受注することはほぼ不可能でしたから、日本の意識も進展があったように思います。

2020年は「エフォートレス」に生きようと決めた年でした。今年になって「エフォートレス思考」という本も出ていますので、世界レベルでエフォートレスの大切さを感じていると思います。

分析官が起業して失敗した年でもあります。ぜんぜんエフォートレスな感じはなかったです(笑)

去年はコロナトリガーが弾けました。

分析官はタイのバンコクに滞在していて、ベトナム、カンボジア、台湾と回ってから日本に帰ってきて日本ロックダウン状態になりました。エフォートレスといいながら、とてもタフな1年だったことは記憶に新しいです。

ただ、多次元的に捉えると、エフォートレスに日本に戻されているんですよね。戻ってこいと。そこで、さらに自分でビジネスをスタートし、実験を繰り返し、かなり学習した年でもあります。

ざーっと挙げていきましたが、みなさんの2016年から2020年までの記憶がホログラム映像として呼び起こされたのではないでしょうか?

他人の具体的な経験を聞く時、人は自分の体験と結びつけてイメージするので、聞いておくのは有効なんです。「あー、その時私はこんな経験してた、似てるかも!」みたいな感じです。

もしそうであれば、この実験は大成功です。キーワードによる直線時空を超えたホログラム展開をやってみました。このポッドキャストをお聞きの方は、すでにマスターされていると思います。

直線時空を超えて、モノゴトの関係性を一度に視ることができるので、意思決定がラクです。

ここまでで、5年間をまとめてホログラムにしたわけですが、よくわかるのは「いきなりコロナトリガーで世界が変わったわけではない」ということです。

兆しがあって、システムの臨界点に達して起きているイベントだとわかります。エナジーが高まって、文化革新が起きました。働き方も生活の仕方もガラッと変わったのではないかと思います。

特に、意識が変わりました。個人の意識もそうですが、集合意識レベルの想念型、つまりパターンがハッキリしてきました。

よく、このポッドキャストで「あいまいなモノは統合できない」といったりしますが、集合意識のあらゆる場所でパターンがハッキリしたので、自分にとって必要な集合意識と不要な集合意識がハッキリわかってきた方もいらっしゃると思います。

HSPなんていわれる繊細さんや敏感さん。あまり頻繁に集合意識にアクセスしないほうがイイですよ〜とブログやnoteで書いてきたのもそれが理由です。

硬い表現になりますが、思想の混乱を最適化するために明確化する必要があったんです。

なので、2021年は、最適化が始まった年でもあります。分析官が2020年の夏くらいに決めた2021年のキーワードが「Optimal」でした。つまり「最適化」を意識して生きるという目標です。

本当に最適化が起こりました。もう、これでもかというくらい厳しい断捨離と最適化の嵐でした。

ビジネスや経済という観点からは信じられないくらい過酷な年になったのですが、過去20年間で鍛えられたメンタルと海外放浪生活で培ったフットワークの軽さに助けられました。

それがなければ、数回は自殺を試みたと思いますし、また病院にロックダウンされて、今度は3ヶ月じゃ出てこられなくなったかもしれません。

みなさんの中でも、転換せざるを得ない状況になって、新しいことを始めたり、相当メンタルが強くなった方もいらっしゃると思います。

なぜかというと、これから世界的にいろんなイベントが起きてくるので、その備えという意味の最適化です。さらに、その先で必要とされる才能や資質をお持ちなので、最適化されたといえます。

なので、メンタル強くなって、柔軟かつ俊敏にいろいろ試された方にとって、2021年は厳しくも実りのある年になったのではないかと想像していますが、いかがでしょうか?

ということは、来年2022年にそれをどう活かすかという話になってくるわけですよね。

今年の春くらいだったと思うのですが、分析官は2022年のキーワードを設定しました。それは「Resourceful」です。リソースフルとは「機知に富んだ」一年を送るという設定です。

最適化されたので、機知に富んだ人生を送ることができる。という設定になります。

リソースというと、物的資源をイメージしてしまうかもしれませんが、これまでの実験、トライアル・アンド・エラー、強く柔軟なメンタル、俊敏な行動などは私たちの資源ですよね。

そういったかけがえのないリソースを、どのように活かしていくかが問われる年になると予測しています。この2022年から、徐々に何かしらの成果が出始めるともいえます。

ですが、今年培ったモノをリソースとして来年にどう活かすか。それが、創造性であり、投資であり、成長だと捉えることができます。

現に、この冬に手応えを感じていらっしゃる方を分析官も観ています。

まず、素早くやってみる。体験してみる。そして、振り返り、先に進む。この進化版PDCAを細かく回してきた人は「そうそう、そうなのよ!」って感じていらっしゃると思います。

今週配信した動画で「エフォートレス思考を多次元的に適用し、ハート優先でいきる方法」をプログラムを動かしながら解説したのですが、まさにそういうことです。

まず、感覚を使って体験してみて、必要なモノゴトを見極める。

それが文字通り意識に組み込まれたので、来年からエフォートレスかつオートパイロットに行動できるはずです。まさにエフォートレスで、最適化され、機知に富んだ人生になります。

2020年から試行錯誤されてきた方は、希望が湧いてきたのではないでしょうか?

まさに変容です。それが、デジタル・トランスフォーメーションでも必要な取り組みだったりします。すべては「つながって」います。

ホログラム展開されているみなさんに、もう繰り返す必要はないと思いますが(笑)

そんなわけで、来年はリソースフルな年になります。いいかえると、機知に富んだ姿勢と資質が求められる年になります。ぜひ、創造性を発揮して、楽しんでください。

ポイントは、エフォートレスであること。最適化を意識することです。そうすれば、苦労ポイントを減らして、苦労と努力が必要な時だけパワーを使うことができます。

このエピソードがみなさんのインスピレーションになれば嬉しいです!

(エンディング)

ご質問やリクエストは、SpotifyのQAもしくは、ホームページで受け付けています。

ホームページはGoogleで「アルクトゥルスの分析官」と検索すると、一番上に出てきますので、テレパシー送信というボタンを押していただくと、メールが送信できるようになっています。

今日も最後までお聞きいただきありがとうございます!

テレパシー送信

ラジオ番組へのメッセージや分析リクエストをどうぞ!

ログ一覧
当サイトは訪問者の利用状況を把握するためにCookieを利用しています。「Accept」ボタンをクリックすると、当サイトでのCookie使用に同意することになります。サービス運用の詳細は「プライバシーポリシー」をご確認ください。